Home > 会社案内 > 沿革

沿革

株式会社ケントク沿革

株式会社ケントクの沿革


1963年 長野県諏訪郡下諏訪町で山泉精機創業(創業者 北原 仁)
1964年 縦型ダイカスト機1台導入(ダイカスト生産開始)
1965年 50ton横型ダイカストマシン2台導入
1967年 長野県上伊那郡高遠町へ工場移転に伴い山泉ダイカスト(有)に社名変更
(ダイカストマシン4台増設)
1974年  加工部設立に伴い江黒旋盤3台導入
1976年  江黒旋盤3台増設
1983年 株式会社サンセンに社名変更、エスシーワード資本参入
北原 仁退任、北原洋一代表取締役に就任
同時期 加工部を別会社として、ケントク創業(創業者 北原 仁)
1990年 株式会社サンセン本社工場長野県茅野市に移転
1992年 株式会社サンセン代表取締役北原洋一退任
ケントク代表取締役社長に就任、法人に改組
神奈川県川崎市に営業所を設立
1998年 有限会社ケントク本社工場を長野県諏訪郡富士見町に移転(加工工場として発足)
2005年 川崎営業所の閉鎖に伴い、本社営業展開に変更
2010年 株式会社ケントクに改組 それに伴い本社工場移転
2012年 特定電気用品適合性検査JET認定工場取得
平成24年度ものづくり中小企業試作開発等支援補助金の採択
製造に関わる国内特許を取得
2013年 平成25年度ものづくり中小企業支援助成金の採択
2015年 工場増設計画による土地363m2取得